地元大泊の旨い水にこだわる
地魚とラーメンの店

null
トンコツベースの澄んだスープに熟成太縮れ麺、
食べごたえのある角煮チャーシューがのる。
塩ラーメン650円。

夏は海水浴客でにぎわう大泊地区の一角に「ほくしょう」はある。
32年続いた料理民宿を「地魚とラーメンの店」として
3年前にリニューアルオープンさせた。

日本料理出身の主人・桐本さんがつくる
にごりのない澄んだラーメンスープは、
トンコツベースでコクがあるのに後味すっきり。
最後の一滴まで飲み干してしまう。

熊野古道定食では毎朝市場で主人自らが競り落とした
自慢の刺身が味わえる。
この日はカンパチ、アオリイカ、アジ、マグロ。
地元でもここだけというサバの刺身が並ぶことも。
どこにも負けない新鮮さだ。


○メニュー
カレーラーメン650円
旬の刺身500円〜
大吹峠(会席コース)3000円〜(要予約)


新鮮な刺身が自慢の熊野古道定食850円。
米は地元熊野市有馬産を使用。


「スープがおいしいのもごはんがおいしく炊けるのも
大泊の水がおいしいから」と語る
主人の桐本由紀夫さんと息子の真利さん。




ほくしょう
熊野市大泊町80
0597-89-5018
営/11:00〜13:30
  17:00〜21:00
休/毎週月曜、第2・4火曜
席/35席
カード/不可 P/10台
交/JR大泊駅から徒歩5分


印刷用ダウンロード



大きな地図で見る