大正ロマンのノスタルジーにひたる
海の見える音楽ホール&カフェ

null
カフェの窓からは熊野灘が一望。岬にうちつける白波、キラキラと光る海面
空とつながる水平線を望む



大泊から海岸線沿いに国道311号を走ること約10分。
小道の先に海にせりだすかのように建つ大きな建物。

10年前、ヒーリングミュージックの音楽家である矢吹紫帆さんが、
この地に魅せられ移り住み、天女座をオープン。
元は自動車部品の製造工場だった建物が、1Fに音楽スタジオ、
2Fに約100畳の音楽ホールをもつカフェに生まれ変わった。

まちかど博物館でもあるカフェには、大正時代のピアノやオルガン、
チェンバロなど珍しい楽器が並ぶ。
矢吹さんの即興演奏がはじまることも。


○メニュー
玄米コーヒー420円
酵素玄米の薬膳カレー840円


自然薯うどんセット(あずき入り酵素玄米おにぎり付)840円など、
全国各地から取り寄せた体に良いメニューが揃う


愛用のチェンバロにむかう矢吹紫帆さん


天女座
熊野市波田須640-15
0597-86-1024
営/11:00〜18:00、土・日曜・祝日のみ営業
  (団体予約は営業日以外も可)
席/45席
カード/不可
P/20台
交/JR波田須駅から徒歩7分
http://www.tennyoza.com


印刷用ダウンロード



大きな地図で見る